Pocket

<今年度の活動内容>

今年度は基本的に対面方式で行い、緊急事態宣言中はオンラインで活動を行いました。2022年度も同様にする予定です。

 

業界研究

2年次で最も時間を割いて行う活動がこの業界研究です。年度によって多少の差はありますが、今年度は2人1グループとなって研究材料を基にプレゼンを行いました。プレゼンを行った主な業界は、食品・IT・公務員・小売・広告などです。また今年度の特徴として、コロナ禍において注目を集めているサブスクリプションサービスも一つの業界として取り入れました。オンラインでの打ち合わせやプレゼンは慣れない学生が多く、苦労したグループも多く見受けられましたが、どのグループも教授や先輩方からお褒めの言葉を頂きました。他グループのプレゼンを通じて、興味のなかった業界についても理解を深めることができ、自らの将来について更に視野が広まった良い機会となったのではと思います。

 

自己分析

自己分析は、就活において重要な地位を占めます。2年生のうちから自分の将来を見据え、自身の長所や短所を理解することを目標に行っております。今年度は、「mgram」というインターネット上のサービスを用いて性格診断テストを行い、その後4〜5人のグループに分かれてディスカッションをしました。他者との対話を通じて自分のことをより客観的に認識できるように努めました。また、小学校時代からの“自分史“を表にまとめ、各時代の象徴的な出来事やそれについての考え・身につけたこと・活かされた長所について振り返り、自身の精神面における成長を改めて認識しました。